副交感神経は交感神経と共に自律神経を成り立たせています。  体を休めるように働きをする神経で、体をリラックスさせる役目を持っています。  夜眠る時などに優位になる副交感神経は健康のために必要なものなのでバランスを崩す原因や高める方法を調べていきましょう。

スポンサードリンク

副交感神経の働きと副交感神経が優位になるためにどう高めるか。そして交感神経とのバランスについて

 副交感神経は交感神経と共に自律神経を成り立たせている神経です。

 交感神経は日中に体を活動的にします。
 それに対して副交感神経の働きは夜などに体をゆったりとやすめるものです。
 心臓の働きを緩やかにして心拍数を下げ、血管を拡張させて血圧を下げたりします。
 このことから高血圧にも効果を発揮してくれます。
 また副交感神経がしっかりと働くことは、睡眠にとって非常に大切なことになります。

 副交感神経が交感神経よりも強く働くことを「副交感神経が優位になる」といいます。
 副交感神経が優位になると先に述べたように体をしっかりと休めることができます。
 副交感神経と交感神経は状況に応じて優位になることを切り替えてバランスを保っていますが、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因となってバランスが乱れてしまうことがあります。
 その結果自律神経失調症を発症してしまうことがあるので、体調管理には気をつける必要があります。

 副交感神経と交感神経については検査することもできるので、体調が優れない場合には医療機関を訪れるようにしましょう。
 副交感神経は交感神経とのバランスを崩すことでアトピーを発症することもあり、過剰に働くことで花粉症を発症することもあります。
 逆に汗の分泌を抑える働きがあるので、多汗症などの症状を抑えることはできます。

 副交感神経を高めるためには、まず呼吸方法をチェックしましょう。
 呼吸は吸い込む時よりも吐く時を長くすると副交感神経を優位にすることができるようになるとされています。
 ストレッチをすることも良い方法です。
 ゆったりとした動きのストレッチをすることで副交感神経のスイッチを入れることができます。
 注意したいのは激しいストレッチをしないことです。
 激しいストレッチをしてしまうと交感神経にスイッチが入ってしまうからです。

 また食べ物やサプリメントで副交感神経を高めるという方法もあります。
 食べ物は刺激が少なく胃腸の活動を活発にし、体を温めるという効果があるものを選びましょう。
 特に玄米や小魚、大豆製品などがおすすめです。

 空腹の状態を満たすということも副交感神経には関係していることで、体をリラックスさせることができます。

 サプリメントでは「ローヤルゼリー」や「高麗人参」「ギャバ」などが人気になっています。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

副交感神経を高める、優位:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://seikatuyakudati.com/fukukoukansinkei/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。