鉄分摂取とタンニンの関係

 鉄分はタンニンと一緒に摂取してしまうと、体の中で吸収されにくくなってしまうという特徴を持っているため、注意が必要です。

スポンサードリンク

 タンニンという成分が含まれているものには、コーヒーや紅茶、緑茶など、日常生活でよく飲むものが挙げられます。

 食後にちょっと飲みたいというものばかりですが、鉄分と一緒に飲むことは控えましょう。

 お茶で鉄分や鉄剤を飲むということは絶対に避けるようにしてください。

 せっかくの鉄分の効果が台無しになってしまう可能性があります。

 タンニンは非常に鉄分と結びつきやすいというもので、タンニン鉄というものに変わってしまいます。

 このタンニン鉄は、水に溶けにくく、腸での吸収が良くありません。

スポンサードリンク

 むしろ腸での吸収を妨げてしまい、鉄分の吸収率を下げてしまうというものです。

 特に鉄剤で貧血などを治療しているという人は、タンニンと一緒に摂取しないようにして、鉄剤をしっかりと吸収できるようにしていきましょう。

 ただし、医師から特別に注意がなければ、タンニンと鉄が結合したタンニン鉄の状態となって吸収率が下がっていても、鉄分を補うことに影響が出ないくらい充分な量の鉄剤(鉄分)を処方してもらえているというケースもあります。

 一度医師に確認を取っておくと安心できますね。

 鉄分のサプリや鉄剤を使っているという場合には、飲み物を切り替えるようにしていきましょう。

 タンニンが少ないお茶としては、番茶やほうじ茶、玄米茶などがあります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

鉄分摂取のための食べ物とは
 鉄分を含む食べ物をチェックしておけば、食卓に並ぶメニューで簡単に鉄分を摂取する......
鉄分摂取のためのサプリとは
 鉄分のサプリは、ドラッグストアなどで多くの種類を見かけることができるようになっ......
鉄分の摂取量とは
 鉄分の摂取量がどのくらい必要なのかをチェックして、必要な量をしっかりとカバーし......
鉄分の過剰摂取
 鉄分の過剰摂取ということが問題視されるようになってきています。  体に必要、ま......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

貧血は鉄分の摂取で改善:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://seikatuyakudati.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。