貧血とヘモグロビンの関係

 貧血とヘモグロビンには深い関係があり、ヘモグロビンが減少してしまうと酸素が足りなくなってしまい、結果として貧血を起こしてしまうということになります。

スポンサードリンク

 ヘモグロビンの原料は鉄なので、鉄が不足してしまうことが、ヘモグロビンの減少の大きな原因となります。

 ヘモグロビンは赤血球に含まれる赤い色素で、鉄とタンパク質でできています。

 酸素を体中に運ぶ役割をしているヘモグロビンは、鉄が不足してしまうことで作られなくなってしまうため、ヘモグロビンの減少が起きてしまうと、体に酸素が回らなくなってしまい、貧血が起きてしまう状態になってしまいます。

 ヘモグロビンが不足すると、酸素が足りないために、体は酸素の不足を補うために「代償反応」と呼ばれるものを起こします。

 この「代償反応」は生命維持に必要なものとされています。

スポンサードリンク

 貧血での動悸や息切れはこの「代償反応」のひとつです。

 心臓が大量の血液を流して酸素を体に送ろうとしたり、呼吸数を多くして酸素を取り込もうとすることで、動悸や息切れが起きてしまうのです。

 ヘモグロビンの基準値というものもあります。

 男女や年齢別で異なる設定となっていますが、貧血をよく起こすとされる若い女性では、血液100ccあtまり12g未満となった場合に貧血と判断されます。

 貧血症状を抱えているという人は、医療機関で検査をしっかりと受け、ヘモグロビンの数値をチェックしていきましょう。

 早期に治療をしていくことがポイントになります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

貧血とは
 貧血には色々な種類がありますが、ベースとなる症状は共通しているものです。  ど......
貧血の種類と原因
 貧血には多くの種類があって、ベースとなる赤血球の減少だけがが原因となっていると......
貧血の症状とは
 貧血の症状は赤血球やヘモグロビンの減少から、酸素不足が起きてしまったということ......
貧血の数値とは
 貧血の数値についてチェックしておくと、検査を受けた時などに自分の貧血の傾向など......
貧血と低血圧の関係
 貧血と低血圧で起きる症状は非常によく似ていることから、同じようなものだと考えて......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

貧血は鉄分の摂取で改善:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://seikatuyakudati.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。