鉄分とは

 鉄分は人間の体の中に、3~4g存在していて、そのうちのおよそ60%が赤血球のヘモグロビンの材料になるというものです。

スポンサードリンク

 鉄分がなければ赤血球とヘモグロビンが減少してしまい、貧血症状を引き起こしてしまうので、鉄分は非常に大切なものだと言うことができます。

 残っているおよそ40%の鉄分は、貯蔵鉄と呼ばれて肝臓や骨髄、脾臓、筋肉などに溜められていて、ヘモグロビンが不足してしまった場合に使うというような仕組みになっています。

 更に鉄分の一部は、酵素を構成するためにも使われていて、エネルギー代謝にも関わりを持っています。

 鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。

 人間の体には、ヘム鉄の方がよく吸収されることがわかっています。

スポンサードリンク

 貧血対策にとても効果があると言われている鉄分は、上手に摂取することがポイントになってきます。

 ヘム鉄が多く含まれる食材を中心にしていきましょう。

 ビタミン類を組み合わせたりすると、より吸収が良くなります。
 
 鉄分は貧血の対策にとても有効だとされてはいますが、非常にふそくしやすいものでもあります。

 積極的に摂取するように心がけるようにしていきましょう。

 ただし、過剰摂取などには気をつける必要があります。

 鉄分の摂取の方法や、不足するとどんなことが起きてしまうのかなどをしっかりとチェックしたり、どのような食べものに鉄分が含まれているかを調べたりして、摂取の方法を考えていきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

鉄分の効能とは
 鉄分の効能をチェックしていくと、鉄分が複雑に働いていて、体にとって非常に大切な......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

貧血は鉄分の摂取で改善:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://seikatuyakudati.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。