貧血の症状とは

 貧血の症状は赤血球やヘモグロビンの減少から、酸素不足が起きてしまったということから引き起こされるものです。

スポンサードリンク

 ただしその症状には様々なものがあります。
 
 特に脳や心臓、筋肉はほかの部分に比べて多くの酸素が必要になるため、貧血を起こしていると、これらの部分から危険を訴えるシグナルが出るようになっています。

 このシグナルとして貧血の様々な症状が現れるという仕組みになっているのです。

 主な貧血の症状は立ちくらみやめまい、動悸・息切れ、倦怠感や首や肩のこりなどが挙げられます。

 例を上げると、心臓の鼓動を速めて血液を流して酸素の欠乏を防ごうとしたり、呼吸を速めて酸素を取り込もうとしたりして、なんとか酸素を体に取り入れようとし、酸素の欠乏を抑えようとすることがあります。

 これが動悸・息切れの原因です。


スポンサードリンク

 しかし更には、頭痛や食べ物が飲み込みにくいこと、口の端が切れやすいこと、や爪のトラブルが起きることなど、あまり知られていない貧血の症状もあるのです。

 このような症状はすべて貧血での酸素の不足からのものとされています。

 もちろん個人差はありますが、これらのほかにも貧血では全身に色々な症状が現れることがあるので、注意しておくことが必要となります。

 貧血の症状については、よく情報を集めていきましょう。

 症状が出るようであれば、速やかに医療機関で検査を受けるようにしましょう。

 医療機関での血液検査や診察の際に、医師に説明を受けることも大切なことになります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

貧血とは
 貧血には色々な種類がありますが、ベースとなる症状は共通しているものです。  ど......
貧血の種類と原因
 貧血には多くの種類があって、ベースとなる赤血球の減少だけがが原因となっていると......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

貧血は鉄分の摂取で改善:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://seikatuyakudati.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。