貧血には種類があるのですが、根本的な部分では赤血球のヘモグロビンが減少してしまうということが共通しています。  そんな貧血の症状には鉄分の不足が関係していることが非常に多いとされています。  貧血と鉄分についてチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

鉄分欠乏症などのつらい貧血の症状の改善のために鉄分を摂取を心がけましょう

 貧血とは、赤血球のヘモグロビンが減少してしまうことが原因で、立ちくらみや動悸、息切れなどの様々な症状を起こしてしまうことを言います。

 貧血と言ってもいくつかの種類があり、「鉄欠乏性貧血」や「脳貧血」「再生不良性貧血」「溶血性貧血」「腎性貧血」などが挙げられます。

 症状が低血圧と似ていることがあるため、間違われることがありますが、根本的に貧血と低血圧は異なるものなので注意することが必要です。

 貧血の基準となる数値は、赤血球数・ヘモグロビン濃度・ヘマトクリット・平均赤血球容積・赤血球、白血球数など細かく分かれていますが、これらをしっかりと調べることで、貧血の種類がしっかりとわかり、治療を早期に開始することができます。

 貧血の改善には食事やサプリメント、薬を使うと効果があります。

 中でも鉄分はチェックしておきたいものです。

 鉄分は、赤血球のヘモグロビンの材料となるものなので、不足してしまうと貧血の原因になってしまうことがあります。

 鉄の欠乏症は、特に「鉄欠乏性貧血」を招きやすいとされています。

 鉄分の不足の原因として考えられることには、過度なダイエットや成長期・妊娠・授乳期などで鉄を通常より多く使う必要があること、女性の月経や流血をともなう病気などが挙げられます。

 鉄分は理想的な摂取量が定められていて、妊婦には特に鉄分が必要とされることが有名になっています。

 ただし過剰摂取は禁物です。
 また、鉄分の摂取で気をつけたいことは、お茶に多く含まれるタンニンと一緒に摂取しないということです。

 タンニンと同時に摂取してしまうと、鉄分の吸収が悪くなってしまいます。 

 貧血の改善に良い効果があるとされている鉄分が多く含まれる食べものやサプリを上手に摂取していきましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

貧血は鉄分の摂取で改善:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://seikatuyakudati.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。